​「くすのき広場」の理念

 昭和41年8月に「くすのき」は、名古屋市民による人気投票で「市の木」に選

 ばれています。常緑樹で成長が早く、鹿児島県蒲生では樹齢1,500年、幹回り24.2メートルの日本最大の巨木があります。

「くすのき広場」に集うお子さんは、「くすのき」のように「すくすく」と大きく成長してほしい。そんな願いを込めて命名しました。「くすのき広場」では、生活習慣を身に付けた上で、集団活動・学習・図画工作・プログラミング・語学(英語・中国語)・体力作りなどを主目的に活動を推し進めてまいります。お子さんの持つ可能性を探し出し、少しでも前へ、保護者の方と共に歩んでまいります。